1. 2 days ago 

    BibleThumped

  2. 2 days ago 

    4月11日の出場選手登録、登録抹消公示


    出場選手登録
       
    東北楽天ゴールデンイーグルス        投手        34        武藤 好貴
    東北楽天ゴールデンイーグルス        投手        41        青山 浩二
    埼玉西武ライオンズ        捕手        52        武山 真吾
    千葉ロッテマリーンズ        外野手        56        C.ハフマン
    北海道日本ハムファイターズ        投手         58     齊藤  勝

       
    出場選手登録抹消
       
    東北楽天ゴールデンイーグルス        投手        16        森  雄大
    東北楽天ゴールデンイーグルス        投手        17        長谷部 康平
    埼玉西武ライオンズ        内野手        4        鬼崎 裕司
    千葉ロッテマリーンズ        外野手         4         荻野 貴司
    オリックス・バファローズ        内野手        1        Y.ベタンコート
    北海道日本ハムファイターズ        投手         18         斎藤 佑樹

    ※再登録は4月21日以降可能となります。

    http://www.npb.or.jp/announcement/roster_pl20140411.html

    2014年度 埼玉西武ライオンズ 個人打撃成績(イースタン・リーグ)
    http://bis.npb.or.jp/2014/stats/idb2_l.html

    西武 武山を登録、鬼崎を抹消 - 公示ニュース : nikkansports.com
    http://www.nikkansports.com/baseball/news/f-bb-tp0-20140411-1283784.html

  3. Notes: 2 / 4 days ago  from hamutime

    hamutime:

    Otani and Biki today’s game heroes~!

  4. Notes: 1 / 5 days ago  from artistsascommunity

    artistsascommunity:

    Harold Budd - La Bella Vista (Full Album/Out of Print)

  5. 5 days ago 

    AW 私はすべてをミックスするスタイルでした。大概のDJは似たような音楽をミックスするだけで満足してましたが、私はそれでは面白くなかった。各楽曲は、DNA、遺伝子コードのようなもので、どんなにお互いがかけ離れていようと、共通する部分があるからです。例えば、人間とカエルでも多くのDNAを共有することができるようなものです。だから、まったく異なる音楽でもミックス可能だと考えています。

    AW モノトーンはあらゆる局面で最悪ですね。僕はそういうことはしません。全然違う雰囲気の音楽でも隠されたルートを通ってお互いコミュニケートできる部分があるからです。破綻しない、するわけないと解ってミックスするのはつまらない。音楽を作ることは、幽霊列車のようなものです。暗闇の中で列車に乗っていると、左右から時々びっくりするようなものが出てきて、驚かされる。ドキドキ、ワクワク、いろんな感情を経験するでしょ? それが一番面白いし、自分がやりたいことです。

    Ariel Wizman
    対談03 アリエル・ウィズマン

  6. 5 days ago 

    JG ディス・イズ・ヒップホップって感じだろ? 
    カニエのことは残念だよ。彼はインテリジェンスのあるヒップホップ・ミュージシャンと言われているのに、それでもなお、女の子に銃に、といった従来のヒップホップスター的振る舞いをしている。ちょっと彼にはがっかりだね。今はヒップホップにとって良い時期じゃない。俺が思うにね。間違っているかもしれないけど。良い時期は過ぎ去った。ブームが終わったわけではなく、もう既にそこにあるものとして、背景として存在しているんだ。すごい音楽だと思うし、ラップもヒップホップも大好きだ。でも、今はあまりクリエイティヴではない。だって世界中のどこにだって流れてるじゃないか。


    JG コレクションを見ると良いアイデアが浮かぶし、すごい助けになる。多くインスパイアもされるよ。さっきも言ったように、ショーのミュージックは、一つの曲を書き下ろすようなものだ。二十分かかる長い一曲だ。でも、中心はあくまでリズムであり、ショーをタイトにするのがミッションだろ? だからトップライン、つまりメロディは服なんだよ。だから俺はヴォーカル物は使いたくない。インストゥルメンタル・ミュージックがいいんだ。もし、デザイナーがヴォーカル入りの曲を渡してきたら、俺は自分でヴォーカルを外してしまうよ。メロディは服とモデルだから、他のメロディを乗せたくないんだ。ショー・ミュージックではみんなヴォーカルものを使っている。それを聴くと、やり過ぎだと思うんだ。マックィーンも同様だけど、それでも時として、彼になんでヴォーカルものを使わないのか、説明しないといけない。ヴォーカルものはみんな好きだけど、ショーに関しては単なるインストゥルメンタル・ミュージックを作るのが好みだね。
    菊地 なるほど。声や歌詞が邪魔なんだな。
    JG 俺が作った音楽、そのメロディに合わせて服が歌うんだ。服は歌なんだよ。だから、ショー・ミュージックを製作する時はいつもキャットウォークを想像して作るんだ。服のためにたくさんの余裕を、スペースを残しておきたいんだ。ヴォーカル、歌詞、ヴィジュアル。詰め込みすぎだと思わないか? 俺はそう思う。服のために空っぽの空間を残しておきたい。音楽は単にインストゥルメンタルなバッキングなんだ。ただ、デザイナーはそういう音楽に恐れをなすよ。あんまりに空っぽだ! ってね。そういう時は、ショーでモデルたちがウォーキングしているシーンを思い浮かべてくれと言っている。そして、服を着たモデルが歩き出せば、空間は埋まるとね。

    John Gosling
    菊地 成孔
    対談02 ジョン・ゴスリング 

  7. 5 days ago 

    「ジャンバティスタ・ヴァリの音楽にはヤラれたよ」「ああ、ありがとう」「アレキサンダーとやってる時より良いんじゃねえの?(笑)」「そんなことねえよ(笑)」。「なあ、カニエ・ウェストが居たの見ただろ?」「ああ」「ヒップホップとショーを結びつけるための視察だと思うんだが、オマエどう思う?」「ありえないね。ヒップホップなんてもう終わってるよ。だってあんなもん今やそこらじゅうに、東京にだって台北にだってあるだろ。どうせカニエはお忍びだよ、女、女、女のケツだよ」

  8. 5 days ago 

    “There it is, I’ve got it!” we heard Freud crying, cheerfully, outside.
    “That’s the headlight, right?” he asked Schraubenschlüssel.
    My father raised his head from his hands and looked at me.
    “Of course that’s the headlight, you old fool!”
    Schraubenschlüssel yelled at Freud.
    “Get in, will you?”

    “Freud!” Father screamed. He must have known, then. He ran to the revolving door.
    “Auf Wiedersehen, Freud!” Father cried. At the revolving door,
    Father saw the whole thing very clearly.
    Freud, with his hand feeling along the headlight, slipped toward the grille of the Mercedes instead of toward the door.
    “The other way, you moron!” Schraubenschlüssel advised.
    But Freud knew exactly where he was.
    He tore his arm out of Wrench’s grasp; he leveled the Louisville Slugger and started swinging.
    He was looking for the front license plate, of course.
    Blind people have a knack for knowing exactly where things that have always been are.
    It took Freud only three swings to locate the license plate, my father would always remember.
    The first swing was a little high-off the grille.
    “Lower!” Father screamed, through the revolving door.
    “Auf Wiedersehen!”
    The second swing hit the front bumper a little to the left of the license plate,
    and my father yelled,
    “To your right! Auf Wiedersehen, Freud!”
    Schraubenschlüssel, Father said later, was already running away.
    He never got far enough away, however.
    Freud’s third swing was on the money; Freud’s third swing was the grand slam.
    What a lot for that baseball bat to go through in one night!
    That Louisville Slugger was never found.
    Freud was never entirely found, either,
    and Schraubenschlüssel’s own mother would fail to identify him.
    My father was blasted back from the revolving door, the white light and glass flying in hisface.
    Franny and Frank ran to help him,
    and I got my arms around Arbeiter just as the bomb blew—just as Freud had told me to do.


    「そうら、これだな」 フロイトが外で陽気にわめいているのが聞えた。
    「これがヘッドライトだ、そうだろ」彼はシュラウベンシュリュッセルに訊いた。
    父さんは両手から顔を上げ、ぼくを見た。
    「もちろん、それはヘッドライトにきまってるさ、おいぼれの脳たりん」
    シュラウベンシュリュッセルはフロイトにどなった。
    「さあ、乗れ」

    「フロイト!」父さんは絶叫した。そのとき彼はわかったにちがいない。彼は回転ドアまで走った。
    「アウフ・ヴィーダーゼーエン、フロイト」父さんは叫んだ。
    回転ドアのところから、父さんにはすべてが手にとるようにはっきり見えた。
    フロイトは手でヘッドライトを撫で、その手をベンツのドアのほうに滑らせる代りに、ラジエーター・グリルのほうに向けた。
    「それじゃ反対だぞ、このとんまめ」シュラウベンシュリュッセルは助言した。
    しかしフロイトは自分のいるところを正しく理解していた。
    彼はレンチに掴まれていた腕をもぎ取り、ルイヴィル・スラッガーのバットを構えて、振り回し始めた。
    もちろん、前部のナンバー・プレートを探していたのだ。
    目の不自由な人間は、いつもあったところにあるものの場所を正確に知るこつをわきまえている。
    ナンバー・プレートの場所を探し出すのに、フロイトは三回スイングしただけだった、と父さんはいつも回想して言った。
    最初のスイングは少し高くて、グリルをはずれた。
    「もっと下だ」父さんは回転ドア越しに叫んだ。
    「アウフ・ヴィーダーゼーエン!」
    二度目のスイングは前部バンパーの、ナンバー・プレートの少し左に当った。
    そして父さんはどなった。
    「もっと右だ。アウフ・ヴィーダーゼーエン、フロイト」
    シュラウベンシュリュッセルはすでに逃げ出していた、と父さんはあとで言った。
    しかし彼は安全なところまでは逃げおおせなかった。
    フロイトの三度目のスイングがぴったり的に当った。
    フロイトの三度目のスイングは大当たりだった。
    あのバットはたった一晩のうちに、なんといういろいろな体験をしたことか。
    あのルイヴィル・スラッガーのバットは二度と見つからなかった。
    フロイトも完全な意味では、二度と見つからなかった。
    シュラウベンシュリュッセルの実の母親も、あとで、息子を確認することができなかった。
    父さんは回転ドアから投げ飛ばされ、白い閃光とガラスの破片が彼の顔を正面から襲った。
    フラニーとフランクが彼を助けるために駆け寄った、
    そしてぼくは—-フロイトが言ったとおりに—- 爆弾が爆発すると同時にアルバイターを羽交い絞めにした。

  9. 6 days ago 

    Father grabbed the baseball bat from Freud. He did this very quickly.
    He picked up that Louisville Slugger as if it had lived a lifetime in his hands,
    and he swung it levelly, getting his shoulders and hips into the swing,
    and following through with the swing—it was a perfect line drive sort of swing, a level low liner that would still have been rising when it cleared the infield.
    And Ernst the pornographer, who ducked too slowly,
    put his head in the position of a perfect letter-high fast ball to my father’s fine swing of the bat.
    Crack!
    Harder than any ground ball Franny or I could have handled.
    My father caught Ernst the pornographer with the Louisville Slugger flat on the forehead and smack between the eyes.
    The first thing to strike the floor was the back of Ernst’s head, his heels plopping down one at a time;
    it seemed like a full second after the head had hit the floor that Ernst’s body settled down.
    A purple swelling the size of a baseball rose up between Ernst’s eyes, and a little blood ran out of one of his ears,
    as if something vital but small—like his brain, like his heart—had exploded inside him.
    His eyes were open wide, and we knew that Ernst the pornographer could now see everything that Freud could see.
    He had gone out the open window with one swift crack of the bat.


    父さんはフロイトからバットを引ったくった。目にも止まらぬ速さだった。
    ルイヴィル・スラッガーが生涯彼の手に握られてきたかのように、
    彼はそれを手に取り、肩と腰をいれて水平にスイングし、そのまま振り抜いた
    —-完璧なライナー性のスイングだった。
    内野を超えてもなお上昇を続けるような低い一直線ライナーを打ち放つスイングだった。
    そしてポルノ作家のエルンストは首を引っ込めたが遅すぎて、父さんの見事なスイングに対して、
    高さのぴったりあったスピードボールの位置に頭を持ってくる結果になった。
    ガツン!
    フラニーやぼくに処理できないような強烈なゴロになっていただろう。
    父さんはルイヴィル・スラッガーでポルノ作家エルンストの眉間をとらえた。
    最初に床に当たったのがエルンストの後頭部で、それからかかとが片方ずつ音を立てて落ちた。
    エルンストの体が倒れて落ち着くまでには、頭が床に当たってからたっぷり一秒はかかったように思われた。
    エルンストの眉間に野球ボールの大きさの紫色のこぶが盛り上がり、片方の耳からわずかな血が流れ出た。
    彼の脳髄か、あるいは心臓か、小さいけれど生命の源泉である何かが、彼のなかで破裂したようだった。
    目は大きく見開かれていたが、ポルノ作家エルンストは、今ではフロイトに見えるものが全部見えるようになっていることがぼくたちにはわかった。
    彼はバットの素早い一撃によって、開いた窓の外に消えたのだ。

  10. Notes: 31 / 6 days ago  from iiamguy
    iiamguy:

Hospital Records

    iiamguy:

    Hospital Records

     
avatar_128
I simply remember
my favorite smallplays
and then I don't feel so bad

frnds4vr
bluemars

Maltine Records
ALTEMA Records
m:cast radio | m-cast.net
astrangelyisolatedplace
FennecSK's loved songs

npb
JOQR lionsnighter

24
AsukaHack
HoNcast
[SK]AngryTestie
[sG]ChessieOfDoom
Salty's Dream Cast Casino

自由帳

last.fm
 
 

Following

razxcamightyflynnhokboytarsjuszhamutimefurthotinycartridgerdotfmcutelacutetvsfolderor1entalistminimumnarrationsadmoonclubjunpocothatninjaaumyrdjbuttbabyninuriyascof75roguecnidarianmaonbasshappahiromeishismilemattandkimzoomlenshamhamsternjrockexplosionstaffgazzmannillremeugnewsimh-haukaminero109birdandvines19xxmeekstapelevinanjunpoco-music2chinad011-artjoemeasteoldtyrulevisartwrangeorecolabreakthecorestheofficialcruciabokusatsushoujokoubourealgrumpycatgraphiqsgrooveultrademonforeveralonecomicjheezusontherun060henryhomesweettaiga57soakukogyogigandects-lionsbadbadnotgoodlbtdjiofuckyeahnihongorapkilldiscoonichiptunecopticlightcrackrockstdyaronbirtalanpupuakachankubbimusicyokkoishoichiqueenstonsteal4rambringzanoizetuxurecordstamanorikakato-kara-okespukdarmonrichterpeeercastballgame-loverthesoundyouneedargonthenoblerockoverjapan68000heartmusirousunicornkidmusicasdf701ametsubnerd8bitzecktaiscaindependentssorafkaelsterngleichnisbbngifarutonopantsnightmayaguwangimxxgunwoundsusuguledakedakizdaraku-mix
 
 
 

Tumblr